LUNATIC FEST.

LUNATIC FEST. 28日のみ行ってきました。

コンセプトも会場の雰囲気もタイムテーブルももちろん出演者も、最狂。
LUNA SEAだからこそできたフェスと言うのは言い過ぎではない。
本当にすごくて、終わったときにあの会場に居れたことに感動しました。

毎年やって欲しいとは思わないですが、いつかやって欲しいフェス。

その内また悪戯な告知が始まるでしょうね。


稚拙な感想

LUNACY
「SUSPICIOUS」ですでに狂えた。

凜として時雨
最近の曲にはあまり思い入れがなくなってますが、最後に「傍観」やってくれて涙腺緩みました。大好きで突き刺さる曲。

ROTTENGRAFFTY
最後の曲しか観れてない… J氏参加したらしいので観たかったが、第一次疲れがきてました。

minus(ー)
初見で衝撃。元SOFT BALLETの方の新たなユニットみたいですが、森岡賢さんのステージングに惚れました。

AION
メタルバンドの熱がそこにありました。

KA.F.KA
唯一観れてない…

MUCC
以外と親しみやすいVoなのですね。もう少しCD聴いてみようとおもいます。

[Alexandros]
最後の曲が良くかかってるので知ってましたがいい曲です。ワタリドリって曲かしら。

GLAY
ライト層に向けてのサービスか、キラーチューン満載。月に祈る、口唇、誘惑、彼女の“Modern...”にLUNA SEAのSHADEまで演ってくれるサービス心。そら盛り上がります。歌える曲が多いことはすごいことです。

D'ERLANGER
SADISTICAL PUNKここにあり。dummy blueのローボイスで攻めるkyo氏が最高。La Vie En RoseではINO氏も参加して面白かったです。

BUCK-TICK
今年初めてのステージだそうです。GLAYがライト層に向けてのサービス心満載なら、BUCK-TICKはこれでもかというくらいに自らを表現したのではないか。Just One More Kissも惡の華もスピードをやらなくても十分に魅了できるBUCK-TICKのすごさを体感。J氏が参加してのICONOCLASMは唯一のサービスですね。

LUNA SEA
これだけの出演者を集めての大トリなので、当然キレキレのライブ。セットリストもライブの流れも予想の範囲内でしたが、伝わってくる熱は予想をはるかに超えるものでした。そんな中でもhideのROCKET DIVEのカバーには驚きと感動で涙腺崩壊。
BELIEVEでは出演者を集めての無敵バンド状態。あら、エクスタシーサミット?時雨のピエール中野のエアドラムが完璧。最後はお決まりWISHで〆。
スポンサーサイト

| 音楽 | 12:22 │Comments0 | Trackbacks0編集

| main |

PROFILE


MIKEY JOJO ATTACK(マイキージョジョアタック)

MIKEY JOJO ATTACK(マイキージョジョアタック)という名前のソロユニットです。
ライブハウス、バーでライブしたり、web上で曲流したりしてます。
90年代後半に起きたヴィジュアル系バンドブームに魅せられて音楽の世界へ足を踏み入れる。
80'sのなんとなくオシャレでなんとなくダサイ感じを90'sのフィルターを通して21世紀に持ち込みました。

>>>もっとプロフィール

>>>USTREAM配信

>>>楽曲試聴

MAIL

チケット予約、問い合わせは下記フォームにご記入の上「確認」を押して頂き送信して下さい(3日経過後も返信がない場合は、なんらかの問題でメールが届いていないことが考えられますので、お手数ですが再度お送り頂きますようお願い致します)

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

ブログ内検索

カウンター

Twitter

Facebook